読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

OD・うつ・不登校を乗り越えたい 信じたい

起立性調節障害、うつと診断された中学生の息子の様子を残していきたいと思います。ただただ、母としてなんとかしたい!そう願って日々過ごしています。私自身、情報を求めてネットの中を彷徨っています。少しでも同じ症状のお子さんの様子を知ることで何か役に立つことがあるんじゃないかと思い、ネットの中で藁をも掴む思いで彷徨っています。 「自分にも何かできるんじゃないか」「少しでも誰かのためにならないか」そう思ってブログを開設することにしました。少しでも同じ悩みを共有できたらいいなと思っています

➡️勉強のこと

 

学校へ行っていないと、自分で勉強しなくてはいけない。

適応教室は、勉強よりも居場所作り。

安心して過ごせることが優先。

だから、みんなが6時間学校で勉強している間、同等の勉強をするには、どのくらいの時間が必要なだろうか。

 

受験勉強もそうだけど、中間、期末は、授業で学習したことなど、プリントとかが把握できていないと、なかなか難しい。

勉強が得意な子であればいいけど、なかなか難しい場合、理解できるまで勉強をするとなると、方法と根気が重要になってくる。

 

毎日、5教科勉強するとして、約5時間。

自分で5時間毎日取り組もうとすると、これは本当に根性が必要。

自分でも思い返すと、中3の夏休みに5時間毎日勉強なんて全くできなかった。

それを学校へ行けていない、心も体力も落ちている子どもにできるのだろうか。

とりあえず、4月から平日3時間を目標に勉強してきて、中間テストまで、ギリギリ辿り着いた感じだった。

ゆっくり取り組めたところは、結構覚えているんだけど、急いで進めたところはやっぱり頭に入りにくい。

中2の去年の2学期後半から体調が悪化し、3学期は思い切って、勉強(学校)から離れることにして、全く勉強しなかったおかげで、回復に向かったんだけど、その分、大事なところが学べていない。

今の勉強で必死なのに、実力テストの勉強も一緒にしなくちゃいけないなんて、全くもって大変なことだ。

 

実は、今回の中間テストで、勉強を押しすぎたかな、と息子の疲弊している姿を見て思った。

多分、家で勉強した時間が過去最高

(そりゃそうだと思う。だって、今まで学校で勉強してたから、平日なんて塾以外勉強してなかったから)

なんだか終わった後の達成感があったみたいで、以外に体力的にも乗り越えているみたいで、結果、オーライかな?と感じた。

 

嫌いな勉強でもわかったら「楽しい!」っていうことが本人も今回でわかったみたいだ。

 

 

➡️朝起きて来ないと…

 

無理せず、進めてはいますが、テストもありゆったりと、、、とまではいきません。

とりあえず、毎日は適応教室へ通っていますが、朝起きて来るのが遅いなぁと思うと案の定、体調は不安定です。

また、起きて来ても、リビングでまた寝てしまったり、なかなか準備しようとしなかったりする時は、体調が不安定な予兆です。

 

夕方になってくると体調も戻ってくるので、もしかして、1年前に診断された『起立性調節障害』なのかも、、、

そう、思ってしまいました。

実は、診断されてから半年間、起立性調節障害の薬を服用していたのですが、全く良くなりませんでした。

しかし、その症状は『朝が弱い』という典型的な状態が息子には現れていませんでした。

その中の血圧より動悸の症状の『対位性頻脈症候群』だったからかもしれませんが、朝起きられないということが全くありませんでした。

最近、血圧は測っていないので、1度測ってみようかな、、、

 

そういえば、塾に行き始めて、この間の2度目の塾の時にセニランを服用していきました。

久々の抗不安剤で、効くのかなぁと思っていましたが、5mgの半錠で、効果覿面だったらしいです。

「全然気持ち悪くなかった!セニランのおかげ!」

そう言っていました。

多分、この前、適応教室で気持ち悪くなってしまったので、不安だったのだと思います。

やはり、失敗体験が次の不安を生むので、なるべく少しずつ進めなくてはいけないと改めて思いました。

 

 

そして、最近、友だちのお子さんもうちの息子と同じ症状だったと知ることができました。

小4の時に発症したらしく、気持ち悪くなってしまう状態だったみたいです。

中1で環境が変わり、治っていったそうです。

しかし、学校へ行けないほどではなく、漢方を飲んでいたみたい。

中3の今でも、たまに気持ち悪くならないか心配するときがあるらしく、親としても、またぶり返すかどうかドキドキする、と言っていました。

それを聞いて、やっぱり、ここまでなってしまったら長い目でみないと完治しないんだなぁと。

うつと診断されて、半年。

随分改善されたけど、まだまだなんだと思います。

こどもの鬱は、体調面に現れやすく、本人も心から体調に現れていることに気付かないみたいで、胃腸の病気だと捉えてしまいがちなのかもしれません。

私自身、息子の気持ち悪さが治らないのは、もしかして重大な病気、ガン?など本気で悩んで心配しました。

こどもの鬱って、結構多いんじゃないかなと感じています。

勿論、大人の鬱もです。

ストレスも徐々だと慣れてしまってわかりにくいけど、確実に身体に蓄積されていて、自律神経を弱らせるんですね。

だから、熱が続くけど何故なんだろうとか、胃腸や頭痛など、本当に身体が壊れていってしまうんだなと思いました。

 

不登校で悩んでいる時は特に、心療内科とか精神科とかそちらの方面からも相談されると、もしかして回復への近道になるのかもしれません。

うちも、まさか鬱だとは思いも寄りませんでしたから。

 

 

 

 

🔽クリアできたと思ったら…

 

東京も行けたし、もうこれはどこまでも行けるんじゃ…!?

 

そう思って、勉強も沢山一緒にした結果。

 

また、気持ち悪くなってしまいました。

 

適応教室でみんなと一緒にしていたら、すごく緊張して、気持ち悪くなったらしいです。

 

あぁ、やっぱり、そんな簡単にはクリアできないんだな…

そう、思いました。

身体は一気に回復はしない。

インフルエンザだって、胃腸炎だって、熱は下がっても身体は怠い。

やはり、そういうことなんだと改めて思い知らされました。

 

欲張りになってしまうんだよなぁ…

 

⬆️電車、人混みクリア!

 

東京へ息子と2人で行って来ました。

外へ出る練習です。

 

私が電車が苦手なため、普段どこへ行くにも車を使っていたため、息子はあまり電車に乗ったことがありません。

今回、東京では、沢山乗り換えをして、いっぱい歩きました。

乗車券を買うのも本人に調べさせ、買わせました。

やってみて、わかったことは、今回の東京での練習は本当に彼自身の自信に繋がりました。

酔うということもないこと、人混みに慣れること、いっぱい安心につながる経験となりました。

 

東京に着いて、初めての食事はお寿司を選んだんですが、緊張からか喉を通らなかったみたいでした。しかし、ゆっくり自分を慣らしていったら、一貫だけ残すだけで、他は全部食べるとことができました。

 

帰って来てからも、まだ動く力があり、私は息子にいろいろ付き合わされ、私自身がクタクタでした。

 

 

 

本日は、適応教室へ行きました。

「今日は、みんなと30分勉強しようかな」

30分!?

今まで、10分でした。

個室では1時間していましたが、みんなと同じ場所で勉強はほとんどしていなかったので、東京へ行けたという自信から、こんな気持ちが生まれて来たのだと思います。

 

東京での姿を見ていて、もう普通に授業受けられる気がしました。

先日、病院の先生にも、

「行動力がアップしてきたね!」

と言ってもらえました。

適応教室の先生は、ゆっくり進めていきたいと言ってくれているので、行けそうだからこそ、ゆっくり。

自分から、

「もう、できるからやってみる!」

と言わせたいです。

 

押して引いて、、、

こちらが焦ってしまうので、とても難しいです。

 

 

⬆️体力をつける

 

本当に体力がなくなり、みるみる細くなってしまった息子でしたが、最近、

「お母さん、見て。足太くなってる。お腹も太ってきた!」

確かに、去年は木の枝かと思うような細さで、そりゃああれだけ気持ち悪いと言って食べなかったら痩せて当然です。

しかし、リフレックスの副作用もあるかもしれませんが、朝は

「お腹すいた!」

と言って起きてきて、昼も夜も

「今日、何のメニュー!?」

と、聞くようになりました。

ほとんど残しません。

体重も随分増えたみたいです。

 

ジュニア用の体幹トレーニングのジムがあって、そこへ一回行ってみまして。

運動していた頃なら簡単だったトレーニングもへとへとで、

「もう、絶対無理!行きたくない!」

と言っていましたが、基本、体を動かすことが好きなので、また次も行くような気がします。

ロードバイクも乗るようになったので、その試合にも出たいらしく、そのためにも体力をつけようという気持ちはあるみたいです。

あくまで、気持ちです。

ロードバイクに乗るときのユニフォームが、とっても似合っていて、我が息子ながら、引きこもっている感じには見えません( ;∀;)

サングラスかけて、派手なユニフォームがとてもかっこいいです。

 

なんだか、とても動きが出てきました!

彼の中で、動くことが日常の中に戻ってきている気がします。

すぐバテるけど、「やってみる!」という気持ちになることが、本当に多くなりました。

 

これから、どんな道を選ぼうとも、まずは体力、健康あってのもの。

勉強も大事。体力も大事。

休んでいて両方をやっていくのは、本当に難しいけど、体力さえつけば、いろいろな選択肢が出てきます。

 

 

⬆️医師のことば

 

病院の先生に、学校へ2日行った後、行けていないことを伝えました。

先生はこう言ってくれました。

 

「もう、学校へ行かなくていいよ」

 

え!?

私はびっくりと共に、安堵しました。

だって、無理矢理のように、「始業式行ってみなさい」って言われてたような気がして、私の中では、ちょっとまだ早いんじゃないかと思ったのですが、、、

 

「始業式に行ってみて、わかって良かったなー」

 

ああ、そうか。

そういう考えもあるのか、、、

 

私は先生のその言葉を聞いて、なるほどと思いました。

行くきっかけを与えてくれ、まあ結果「行きたくない、行けない」ということだったんだけど、まさか病院の先生からこの言葉を聞くことができたことに、私は先生にこれからもついていけるかな、って思うことができました。

 

「でも、勉強は大事だよ。高校でその先も決まってくるからね。塾行ったらどう?」

 

そんなことも言ってくれました。

今まで、体調の面で、塾へ行くのは無理でしたが、今、良くなってきているから、逆に社会に出る練習として勉強プラスαだなって思いました。

 

そこで。

丁度一年前に入学手続きしてあった塾をそのままにしてあったので、早速相談に行きました。

個人対応の塾なので、全部息子の様子も伝えさせてもらい、先日緊張する息子を連れて塾へ行ってきました。

行く前は案の定、緊張が半端なかったですが、なんとか乗り越えることができました。

行けそうだと本人も言ってました。

 

そして、このゴールデンウィークは、長男の部活の試合も家族で見に行きました。

ちょっと遠いところなので、心配してましたが、全く問題なし!

高校生がわんさかいるところも緊張していましたが、大丈夫でしたし、反対に、いろいろな高校のユニフォームを見て、高校のイメージを持つことができたみたいで良かったと思います。

疲れた疲れたと言ってましたが、帰りも焼肉を食べに行き、車の中では、私と息子でジャスティンビーバーを熱唱して帰って来ました!

洋楽が今お気に入りみたいです。

ちょっと酔いそうでしたが(私も)、元気に帰宅することができました。

 

あ、その他にも沢山出かけてます。

ロードバイクも乗りました。

楽しかったみたいです。

 

 

 

 

⬆️行動力がアップしてる

 

今日は、いとこが遊びに来ました。

去年なら、年下のいとこが来ても、

「いいわ…」

と言って会おうとしませんでした。

 

勿論、うつになる前は、いとこたちに会うのを楽しみにしていました。

人と会うことがしんどいー

まさに、うつとはそんな状態なんだと思います。

息子は小さい子が結構好きです。

だけど、去年は本当に引きこもってしまいました。

人と会うと気持ち悪くなるからです、、、

 

本日は。

いとこが来るとわかったら、会いたそうにして、そこで

(あ、、、変わったな…)

と思いました。

 

そして、いとこたちとずーーっと一緒に遊んであげていました。

「かくれんぼしよ!」

「いいよ」

何でも聞いてあげていました。

 

うわぁ、本当に元気ついてきたなぁ

そう思った日でした。