読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

OD・うつ・不登校を乗り越えたい 信じたい

起立性調節障害、うつと診断された中学生の息子の様子を残していきたいと思います。ただただ、母としてなんとかしたい!そう願って日々過ごしています。私自身、情報を求めてネットの中を彷徨っています。少しでも同じ症状のお子さんの様子を知ることで何か役に立つことがあるんじゃないかと思い、ネットの中で藁をも掴む思いで彷徨っています。 「自分にも何かできるんじゃないか」「少しでも誰かのためにならないか」そう思ってブログを開設することにしました。少しでも同じ悩みを共有できたらいいなと思っています

抗うつ剤の副作用

『18歳以下には使用を認めていません』

そう書いてあるサイトがたくさんある。

『自殺をしようとする率が上がる』

 

……

怖い……

マイナスなことばかりが目につく。

 

 

実は、診察していただいる精神科の先生が書いた論文的なものを読んだ。

その中には、子どものうつ病についてたくさんの症例が書いてあった。抗うつ剤についても説明してあった。

それを読んで、私はちょっとだけ先生に息子を任せてもいいかな、と思った。

そして、その後、リフレックスを飲んで劇的に気持ち悪さがなくなっていくのを見て、先生の診断は間違っていなかったんだな、と思った。

副作用は、今のところ本人が困るようなことはない。

しかし。

 

気持ち悪さがなくなって、めっきり喋らなくなってしまった。

不安がなくなったから?

でも、よく考えたら、うちの息子は病気になる前は、学校のことを聞いても

「忘れた」

「めんどくさい…」

そんな返答しか返ってこなかった。

病気になってからは急激に、

「話聞いて」

「ちょっと話したい」

夜になると特に、話をしたがるようになった。

何年分かの話をしたような気がする。

でも、今はあまり喋らない。

薬の副作用?そんなふうに思ってしまうけど、もとの姿に戻っただけかもしれない。

元気がないように思えてしまうから心配してしまう。

でも、本人は「元気」だと言う。

 

あと、もう一つの副作用。

『食欲が増すこと』

これは、良い副作用になっている。

今まで気持ち悪かったから食べられなかったけど、お腹が空くということに、心底ホッとしている。

 

一週間に一度の診察なので、次行った時に、『喋らなくなった』ということを伝えてみようと思う。

『苛々』については、前回、先生に聞いてみたら、『やる気』がアップするから『苛々』という形で現れたのだと教えてくれたけど、その『苛々』は最近あまり感じない。飲み始めた頃だけだったように思う。

 

 

心配事は尽きないなぁ……